LokPilot Fx / LokPilot Fx micro

lokpilot-fx-lokpilot-fx-micro

ファンクション・コントロール専用デコーダー、新版が登場!

LokPilot Fxは、”Fx” = effects のネーミングが示すように、ライト等のファンクションをコントロールするためのファンクションデコーダーです。モーター出力やサウンド出力機能はありません。

車輌(もしくはその他のDCCでコントロールする模型)に搭載して、さまざまなファンクションを動かすためのものです。DCC、DCC(RailCom®)、Motorola®、Selectrix®に対応、左記規格に対応したコマンドステーションから操作可能です。

ESU LokSound V4.0系と同様の自由なファンクションキー割り当てとライト操作が可能です。インターフェイスは、NEM652(8ピン)ケーブルハーネスがハンダ付け接続されたものと、NEM660 21MTC(21ピン)コネクタが基板上についたものの、2タイプがあります。

各主要規格に対応

DCC、モトローラ®、セレクトリックス®といった主要規格に対応しています。DCCモードでは、14~128ステップのスピードコントロールが設定可能です(モーター出力はありません)。編成中の他のM車のステップ数と同調させ、特定ステップでファンクションを稼働させることができます。

アドレスはショートアドレス(最大2ケタ)、またはロングアドレス(最大4ケタ)いずれにも設定可能です。ファンクションは、F0~F28までの割り当てが可能です。

RailComPlus®に対応しており、同じく対応しているコマンドステーション(ESU ECoSなど)からは自動的に認識されます。すべてのプログラミングモードに対応しているため、各種DCC互換コマンドステーションから操作やプログラムができます。また、POM(Programing On the Main)に対応しており、走行用本線レール上のデコーダーからCV値を読み出すことができます。CV1~255のみを読み出し可能なコマンドステーションのために、インデックスを付けられたCVがあります。

 

他のデコーダーとの協調動作が可能

同じESUのLokSound V4.0系、LokPilot V4.0系と協調動作させることができます。たとえば電車編成を考えるとき、編成中間の動力車(模型としてのM車)にLokSound V4.0(またはLokPilot V4.0)を搭載して走行(とサウンド)をコントロールし、両端の先頭車(模型としてのT車)にLokPilot Fx V4.0を搭載してライト類のコントロールするといった運用ができます。

編成中のデコーダー(LokSound、LokPilot、LokPilot Fx)にすべて同じアドレスを割り当てれば、編成全体を単一のアドレスで操作可能です。編成中の各デコーダーに同じCV値(同調するCV値)を設定すると、協調動作がスムーズにできます。

出力ファンクションについて>

LokPilot Fx V4.0は、6つのファンクション出力があります。8ピンハーネス仕様では、各出力アンプされています。一方21ピンコネクタ版では、AUX3とAUX4について、アンプされた物理ファンクション、もしくはアンプなしの論理ファンクションのいずれかを選択できます。各主要ライトファンクション対応、各出力の明るさなどは個別に設定可能です。

過負荷防護機能付き

各出力は過負荷防護機能付き。安心してお楽しみ頂けます。

より省スペースをご希望の方に、Nano

より省スペースをご希望の方は、LokPilot Fx Nanoをお使いください。出力は6つになります。NEM652(8ピン)ケーブルハーネスがハンダ付けされています。POM(Programing On the Main)による本線上プログラミングを含むプログラミングモードに対応しています。また、RailCom®にも対応しています。

フォトギャラリー

(下記画像をクリックすると画像をご覧頂けます。なお一部の写真は試作段階のものです。実際の製品と異なる場合があります。)

製品の仕様

品名 LokPilot Fx V4.0
価格 ¥3,300-
接続インターフェイス 下記のいずれかをお選びください。・NEM652(8ピン)ケーブルハーネス・NEM660 21MTC(21ピン)コネクタ
対応規格 DCC / DCC with RailComPlus®, RailComPlus® / Motorola® / Selectrix®
出力数 6
発売時期 発売中
品名 LokPilot Fx Nano
価格 ¥4,300-
接続インターフェイス NEM652(8ピン)ケーブルハーネス
対応規格 DCC / DCC with RailComPlus® / Motorola® / Selectrix®
出力数 6
発売時期 発売中